汗を抑制する食べ物対策

どうしても汗は出やすい夏になりました。またはあまり多く汗がかくと人体の水分が不足になり、夏バテの原因にもなります。または汗が多く出る、あるいは多汗症の人は交感神経が働きすぎている可能性もあります。多くの人は制汗剤を利用していますけど、汗を抑制する対策が制汗剤以外、多くあります。今回は楽しみで制汗できる方法を紹介します。これは汗を抑制する作用がある食べ物を食べることだけで、制汗できます。以下は汗を抑制する食べ物をそれぞれ説明しております。

1.レモン
レモンは、「クエン酸」が多く含有しているので、疲労回復の作用を人々によく知っています。夏は本来疲れやすい季節ので、レモン果汁は夏バテ予防できます。白い皮や綿の部分にポリフェノールが豊富含有していますから、炭酸水や水で、ハチミツを加えて飲むことがおすすめです。また、レモンの香りがリラックスできるので、睡眠の質をアップさせます。

2.豆製品
たとえば、納豆や豆腐、豆乳といった大豆を原材料として作成する食品は汗を抑制する上に、女性ホルモンのバランスまで整えてくれます。だから、日頃の食事に豆腐や納豆などのイソフラボンを多く含有する食材を積極に摂取してください。

3.梅干し
梅干しは酸味が強く、苦味をあまりない食べものですが、梅はポリフェノールが多く含まれています。しかし、今市場で販売される減塩梅干しや甘味の強い梅干しは、人工甘味料や保存料が使われていますので、いい効果が出ません。できるだけ昔ながらの塩・梅・紫蘇だけで作られた梅干しを探してください。
4.ザクロ
ザクロはビューティーフルーツとしてよく知っていますけど、実はおなじみの「ザクロ」も、収れん作用もあります。また、ザクロの赤色はエラグ酸と言ったものです。エラグ酸には、メラニンを作り出すチロシナーゼという酵素の働きを抑制し、シミを予防もできることがわかっていますから、美肌効果も期待できます。 できるだけそのままてべてください。また、果汁100%ジュースでもよろしいです。

実は汗をかくことは、体温調節のために必要な現象なので、適量な汗をかくことに気にしないでもいいと思います。しかし、多汗症・局部多汗症なら、ストレスや自律神経が乱れる可能性が高いです。このような人は、できるだけ日頃の生活で酸味と苦味のある食べものを加えてみてください。