制汗剤とは?

汗を出す汗腺は2種類存在し、ワキにはにおい成分がある汗をかくアポクリン腺が多く存在しています。汗を抑えたい理由としては「汗臭さを抑えたい」からですね。
このワキは普段は衣類で隠されているので、汗をかいたからすぐにケアをする事がなかなかできません。
汗がシャツに染み込んだり、汗で蒸れると雑菌の繁殖でワキが臭うようになるので制汗剤で汗を抑えて不快な状態からなんとか逃れる為に制汗剤を利用します。
制汗剤には、汗を抑えるための「収れん剤」と、雑菌の繁殖を防ぐ「抗菌剤」が含まれています。
その他、においを吸着・消臭する成分や香りの成分、殺菌剤などが含まれているものもあり、これらの薬剤が汗の成分と結合し、汗腺にフタをするという仕組みになっています。
塩化アルミニウム含有の制汗剤を体に塗ったからといってすぐにがんの危険が生じるわけではないが、皮膚に炎症や傷があるときに、その付近に制汗剤を塗布することで体内に塩化アルミニウムが入り、悪影響を及ぼす可能性が高まる。女性の場合、ワキのムダ毛処理をした後などに制汗剤を使うのは危険です。
また制汗剤に含まれる成分によって、副作用が引き起こされる懸念もあります。特に化学成分が多く含まれている製品の場合、通常の化粧品類と同じように「肌に合わない」ということが発生する可能性ももちろん否定できないわけです。