パースピレックスロールオンー人気パースピレックス係の制汗剤

tuパースピレックスロールオンとは
パースピレックスロールオンとは、人気があるパースピレックス係の脇汗対策としてよく使われている制汗剤です。パースピレックスは手足用のローションタイプと脇汗用のロールオンタイプという二種類があります。パースピレックスロールオンの主成分はパースピレックスローションとだいたい同じ、発汗を抑制する効果も期待できます。多汗症に悩んでいる人にとって、パースピレックスロールオンは重要な事情がある場合で欠かせない商品とされています。

パースピレックスロールオンの効果
パースピレックスロールオンの制汗効果は多くの人に認可されています。パースピレックスロールオンの作用機序について、パースピレックスロールオンに含まれている塩化アルミニウムが汗腺内の水と反応し、水酸化塩化アルミニウムを産生し、角栓を形成します。この角栓は汗の臭いの発生を妨げることではなく、発汗そのものを抑える効果があります。

また、塩化アルミニウムは水と反応して角栓になる時、微量の塩酸が生成されてしまうために、肌へ刺激を与えることができ、肌の炎症を引き起こしやすいと言われています。しかし、塩化アルミニウムの他には、パースピレックスロールオンは乳酸アルミニウムも配合しています。乳酸アルミニウムは塩酸の働きを弱める作用がありますから、肌の炎症が起こることを防ぐ効果に達します。

パースピレックスロールオンの使用方法
パースピレックスロールオンの使用は、身体を清潔にした後、就寝前に脇へ塗布します。翌朝に、パースピレックスロールオンがもう浸透しました。体に脇を石鹸と水で洗い流したり、あるいは濡れタオルで拭いたりすることは普通です。

他には、わき毛が多い方はパースピレックスロールオンを使用している場合、わき毛が薬の吸収を妨げる可能性がありますから、十分な効果を得るために、少し毛を処理してから使ったほうがいいと考えられています。

通常、一般的な制汗剤と比べて、パースピレックスロールオンの作用はもっと強くて、即効性もあります。最初、1週間の連続使用は必要ですが、効果を感じる場合、1週の間に2~3回の使用だけで十分です。また、パースピレックスロールオンの効果の持続時間は長くて、1回使用すると3~5日程度に持続しているので、とても便利です。

パースピレックスロールオンの副作用
パースピレックスロールオンの副作用について、特別な副作用はありませんけど、肌荒れ、被れ、痒みなどの症状が報告されていることがあります。また、個人の体質によって、重篤な副作用が起こる場合、パースピレックスロールオンの使用を中止して、早めにお医者さんと連絡してください。

ほかの健康情報もご覧下さい!

20代の精力を戻りたいあなたへ☟
バイアグラ体験談|佐藤の幸せ生活養成